オススメリンク

最新の投稿

アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

2015年6月
« 11月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  
快適な暖房

床暖房を設置する事で、冬も床が暖かく快適に過ごせる事で注目を集めています。
いくつかの方法で床暖房を設置する事ができ、それぞれのメリットが存在します。それぞれのメリットを把握しておき、住環境に適した床暖房を選びましょう。

■熱源の種類
床暖房には大きく分けて、電気で温める方法と温水を循環させて温める方法の2通りの方法に分けることが出来ます。
電気で温める方法は、リフォーム費用が温水式に比べて安く済みますが、あまり広い範囲を温めるのには適しておらず、光熱費が高くなってしまう傾向があります。
温水式は、リフォームの費用が高くなってしまいますが、広い範囲を長い時間温めることに適しており、光熱費が安く済むメリットがあります。
電気ヒーター、温水式、それぞれ熱源の種類で更に分けることができ、それぞれの方法に特長があります。

■暖房の選び方
床暖房を選ぶ際には、耐久性と安全性を重視した製品選びが大切になります。
リフォームを行って設置することになるので、簡単に入れ替えをすることが出来ません。
その為、保証期間やリフォーム費用、光熱費などのランニングコストを考慮した上で、環境にあった適切な床暖房を選ぶ必要が有ります。

■暖房のリフォーム
床暖房で暖かくするには、床暖房の面積と住宅の断熱性にもよります。
床暖房の面積が小さく、断熱性が低い住宅になると、床暖房だけでは温め切る事が出来ません。
特に、古い家では断熱性が低い素材を使っていることも多く、床暖房だけで温めることは難しくなります。
マンションで床暖房を設置する場合は、すでにある床の上から、床暖房を貼り付ける形になります。
床の上に貼る形になるので、少し段差が出来てしまいます。
通常の一戸建て住宅の場合は、床の上から暖房を貼り付ける工事方法と、床を剥がしてしまい、床暖房のフローリングに張り替える方法があります。
上から貼り付ける簡単な工事の方がリフォーム費用が安く済み、床を張り替える工事はリフォーム費用が高くなってしまいます。

■業者選び
リフォーム業者を選ぶ際には、インターネットを使って業者の情報を集める事が最適です。
実績のあるリフォーム業者を紹介しているサイトがあるので、ホームページを見ながら業者を選ぶ事が出来ます。
また、業者に床暖房リフォームの事を相談して意見を聞いてみるのも手段の一つです。